究極ガイド: 家禽および鶏肉包装機

目次

導入

各種鶏肉

家禽包装機(丸鶏包装機または肉包装機)は、家禽およびその付属品に特化した自動包装装置です。効率的な包装プロセスにより、保管、輸送、販売中の家禽製品の鮮度、衛生、安全性を確保します。この装置の適用により、包装効率が向上し、人件費が削減されるだけでなく、製品の外観と質感が向上し、市場競争力が高まります。

家禽包装機械の主な機能は次のようにまとめられます。

  • 鮮度保持効果: 家禽包装機は、修正雰囲気包装技術を通じて、包装内のガス組成を調整し、家禽の保存期間を延長することができます。
  • 効率を向上: 自動化された操作により、手作業の関与が減り、梱包速度と全体的な生産効率が向上します。
  • 衛生を確保する密閉された包装環境により外部からの汚染が軽減され、家禽の衛生と安全が確保されます。
  • 持ち運びが簡単標準化された包装設計により、家禽製品の取り扱いと輸送が容易になり、輸送中の損失が削減されます。
  • 表示効果を高める: 絶妙なパッケージの外観は、消費者の注目を集め、製品の市場魅力を高めるのに役立ちます。

現代の食品加工業界では、家禽包装機の使用がますます増加しており、生産効率の向上と食品の安全性の確保に欠かせない設備の 1 つとなっています。技術の継続的な進歩により、家禽包装機は将来、よりインテリジェントで自動化され、高効率、環境保護、省エネに対する市場の需要を満たすようになります。

鶏肉包装機の種類

1. トレイシーラー

トレイシーラーは、ケース入りの鶏肉包装に適した多用途で効率的な製品です。さまざまなトレイサイズと材質に対応し、修正雰囲気包装 (MAP) や真空スキン包装 (VSP) などのオプションを提供して、保存期間を延長し、製品の見栄えを改善します。

トレイシーラー

2. 熱成形機

熱成形機は大量生産に最適です。ロールストックからパッケージを形成し、製品を充填して密封します。これらの機械はパッケージ設計に柔軟性を提供し、MAP技術を組み込むことができます。Lintycoは、生鮮鶏肉と冷凍鶏肉の両方に熱成形ソリューションを提供しています。

熱成形機

3. フローラッパー

フローラッパーは、水平(HFFS)と垂直(VFFS)の両方で、家禽製品を効率的に包装するために使用されます。Lintycoフローラッパーは、新鮮な家禽の包装用に特別に設計されており、コスト効率が高く衛生的なソリューションを提供します。

縦型製袋包装機

4. 真空包装機

真空包装機は、密封する前に空気と汚染物質を除去し、風味を保ち、腐敗を防ぐのに役立ちます。これらの機械は、軟包装と硬質包装の両方に適しており、丸鶏や鶏の胸肉などの製品に使用されます。

チャンバー真空機

5. ストレッチ/シュリンク包装機

これらの機械は、製品の周囲をしっかりと透明に包み込むため、コスト効率が高く、製品の見栄えが向上します。

自動シュリンクラップ包装機

6. マスターバッグマシン

マスターバッグマシンは、トレイをより大きな修正雰囲気パックにまとめ、小売店で陳列されるまで最大限の保存期間を維持するケース対応アプリケーションに最適です。この方法により、人件費も削減され、スループットも向上します。

7. 既製のパウチ包装 機械

既製パウチ包装機は、既製の袋に鶏肉を包装するために使用されます。効率的で、湿った粘着性のある製品を処理できるように設計されているため、さまざまな鶏肉製品に適しています。

ピクルス包装機

8. エンドオブラインソリューション

Lintycoが提供するようなエンドオブラインソリューションには、トレイ成形、ケース組み立て、ケース梱包機が含まれます。これらのソリューションは、梱包プロセスの最終段階を自動化し、出荷時の効率的で安全な梱包を保証します。

鶏肉の包装方法

丸鶏包装機の操作プロセスには、通常、次の手順が含まれます。

前処理鶏肉は洗浄や骨抜きなどの前処理工程を経て包装の準備が整います。

読み込み中: 加工された鶏肉は包装機の所定の位置に置かれます。

包装: 必要な家禽包装ソリューション(真空、ガス調整など)に応じて、包装機は包装材料を自動的に装填、包装、密封します。

後処理: 包装後、家禽製品は冷蔵倉庫に直接送られるか、物流配送の次の段階に送られます。

清掃とメンテナンス包装工程が完了したら、機器の正常な動作と食品の安全性を確保するために、必要に応じて包装機の清掃とメンテナンスが行われます。

家禽肉包装機の革新のポイントは、主に自動化の度合いの向上、インテリジェント制御、省エネ、消費量の削減、および多様な包装ニーズへの適応に重点を置いています。

  • 自動読み込み: 赤外線センサーとシリンダーの連携により、鶏肉の自動投入を実現し、手作業による入力を減らし、効率を向上させます。
  • インテリジェント制御: インテリジェント制御システムを導入し、家禽肉のサイズと形状に応じて包装パラメータを自動的に調整し、包装効果を最適化します。
  • 省エネ設計:省エネ空調保存技術を採用し、エネルギー消費を削減すると同時に包装効果を確保します。
  • 多様なパッケージさまざまな形状や仕様の家禽肉製品に適応し、多様な包装ニーズを実現し、市場の変化する包装要件を満たすことができます。
  • 環境に優しい材料の応用包装廃棄物が環境に与える影響を軽減するための、環境に優しい新しい包装材料の研究と応用。
  • モジュール設計: モジュール設計コンセプトを採用しているため、メンテナンスやアップグレードが容易で、機器の耐用年数が長くなります。
  • データ追跡統合データ追跡システムは、包装プロセスの重要なデータを記録し、品質管理と製品のトレーサビリティを容易にします。

これらの機械はそれぞれ、包装スタイル、生産速度、保存期間の延長、製品のプレゼンテーションの点で異なる利点を提供します。機械の選択は、包装する特定の鶏肉製品、希望する保存期間、生産量、小売プレゼンテーションの要件などの要因によって異なります。

アプリケーションと利点

  • 保存期間の延長: MAP や真空包装などの技術は、酸素レベルを下げて腐敗を防ぐことで、家禽製品の保存期間を延ばすのに役立ちます。
  • 製品保護の強化: 漏れ防止と耐久性に優れたパッケージオプションにより、輸送中および保管中に製品を保護します。
  • 強化されたプレゼンテーション: 透明で密閉されたパッケージは製品の視覚的な魅力を高め、小売環境にとって非常に重要です。
  • 効率性の向上: 自動化オプションにより人件費が削減され、生産速度が向上し、パッケージング プロセスがより効率的になります。

家禽包装機は、家禽屠殺場、家禽加工工場、ファーストフードチェーンのセントラルキッチン、大型スーパーマーケットの食肉加工エリアなど、さまざまな家禽加工企業で広く使用されています。これらの場所では家禽の包装に対する要件が異なり、家禽包装機はさまざまなシナリオでの包装ニーズを満たすカスタマイズされたソリューションを提供できます。

家禽屠殺場
屠殺場では、家禽包装機は主に、屠殺されたばかりの新鮮な家禽を迅速に包装して細菌の増殖を抑え、肉の保存期間を延ばすために使用されます。
家禽加工工場
加工工場では、製品の風味を維持し、保存期間を延ばすために、包装機械を使用して、燻製鶏肉、鶏肉ソーセージなどの加工鶏肉製品を、調整雰囲気または真空包装で包装します。
ファーストフードチェーンのセントラルキッチン
ファーストフード業界では、食品の一貫性と迅速な供給に対する厳しい要件があります。鶏肉包装機は、このリンクで標準化された包装と原材料の迅速な供給を保証します。
大型スーパーマーケットの食肉加工場
スーパーマーケットの鶏肉は消費者を引き付け、食品の安全性を確保する必要があります。包装機械は、この点で美しく安全な包装を実現し、消費者の購買意欲を高めます。

応用シナリオに応じて、家禽肉包装機は、多様な産業ニーズを満たすために、自動計量、日付印刷、ラベル貼り付けなどの特定の機能を統合する必要がある場合もあります。

スーパーマーケットの鶏肉

鶏肉包装機械の市場状況と開発動向

市場状況分析

食品加工産業の重要な部分として、家禽包装機の市場需要は家禽消費の増加とともに着実に成長しています。市場調査データによると、近年、世界の家禽消費量は年間約3%の割合で増加しており、家禽包装機市場の拡大を牽引しています。

市場規模
現在、世界における家禽包装機の市場規模は数十億米ドルに達しており、その中でアジア太平洋地域は人口基盤が大きく、家禽消費が急速に増加していることから、最大の家禽包装機市場となっています。
技術開発
全自動調整雰囲気鮮度保持包装機などの高級家禽包装設備は、家禽の保存期間を効果的に延長し、食品廃棄物を削減できるため、市場で好まれています。統計によると、過去5年間で全自動設備の市場シェアは約15%増加しました。
地理的分布
欧米では食品加工産業が早くから始まったため、家禽包装機に対する技術要件が高く、市場の成熟度も高く、発展途上国では急速な経済成長と食品安全意識の向上により、家禽包装機の需要が急速に増加しています。

上昇傾向

開発動向予測

現在の市場と技術開発の傾向を組み合わせると、家禽包装機械市場は将来的に次のような特徴を示すでしょう。

自動化レベルの向上
インダストリー4.0の進歩とインテリジェント製造技術の発展により、家禽包装機械はより自動化され、インテリジェント化され、手作業が削減され、生産効率と包装品質が向上します。
技術革新
食品の安全性と品質に対する市場のより高い要求を満たすために、調整雰囲気包装、真空包装などの新しい包装材料と保存技術の応用が今後も登場し、その他の技術もさらに発展していくでしょう。
環境意識の向上
持続可能な開発の概念の普及により、包装機械メーカーはより環境に優しい包装ソリューションを開発し、包装材料の使用を減らし、環境への影響を減らすようになります。
市場需要の細分化
食品の多様化に対する消費者の需要が高まるにつれて、家禽包装機市場はさらに細分化され、特定の市場ニーズを満たすために、さまざまな家禽製品の特性に合わせた特別な包装機器が開発されるでしょう。
サービスモデルの変革
機器単体の販売から、機器のメンテナンス、技術のアップグレード、カスタマイズされたサービスなど、総合的なソリューションとサービスの提供まで、顧客の定着率と市場競争力を高めます。

市場調査会社が発表したレポートによると、世界の鶏肉包装機械市場は今後5年間で年平均5%の成長が見込まれており、アジア太平洋地域が引き続き市場の成長を牽引するだろう。

結論

家禽肉包装機は、生産効率を向上させ、食品の安全性を確保するための重要な設備として、現代の食品加工業界でますます重要な役割を果たしています。食品の品質と安全性に対する消費者の要求の向上と食品加工の自動化レベルの継続的な向上により、家禽肉包装機市場は引き続き成長すると予想されます。

家禽包装機または鶏肉包装機を選択するときは、生産量、希望する包装スタイル、製品のサイズと形状、保存期間とプレゼンテーションに関する特定の要件などの要素を考慮してください。多くの鶏肉製造業者は、家禽加工業者と販売業者の独自のニーズを満たすカスタマイズ可能なソリューションを提供しています。

どのマシンが貴社に適しているかわからない場合は、今すぐ Lintyco にお問い合わせください。

jaJA
上部へスクロール

今すぐ当社の専門家にご相談ください。

欲しいものが見つかりませんでしたか?

ディレクターに直接ご相談ください!

弊社営業部長宛: +8613868827095

CEO宛: [email protected]